親のすね?かじらせてもらえるのなら、感謝をしつつ全力でかじればいい。

こんにちは。ヒサノアスカ(@AsukaHisano)です。

 

どうやら世間では、やりたいことをやる時に親からの援助を受けるのは、親のすねをかじってることになるからよくないという風潮があるらしいですね。「親に迷惑かけてる」って。
そもそも親から援助を受けるのと、親のすねをかじるって別ですよね?
あと、親のすねをかじるのって、本当にそんな悪い事なんですか?
親が「かじっていい」って言っていても? 許可されてるのに迷惑?
それってさ、理解のある親御さんを持つ相手にやっかんでるだけじゃないですか?

やりたい事をほぼ全面的に認めてくれて、更には応援しつづけてくれた最高の父親を持つ娘として、この世論に真正面から反論します。

Adsense広告

ヒサノの場合

先述のとおり、父は実質一人娘のやりたがることはよっぽど危険な事でもない限りは肯定し、応援してくれました。
元々自営業で、店をたたんでからは警備員だったため、直接的な金銭面でのサポートはほぼありませんでしたが、そんなのは些細な事です。
でも、海外に行きたいという思いも創作活動も否定することはなく、むしろ「すごいなー! 応援してるぞー! お父さんがなんかしてやれることあるか?」と全力で応援してくれて、娘にやりたいことをやらせてやってる自分を誇りに思っていて、更には海外生活を楽しんでたり商業出版したりした娘を周囲に自慢しまくってる最高の父親です。

アメリカ留学の時は「100万円は自分で稼げ。足りない分は出してやる」と言われました。
そのままアメリカの大学に留学したいと言った時、銀行で学資ローン組めないかと色々がんばってくれたようですが「店が賃貸やからあかんかった。悪いけど今回は諦めてくれ」と国際電話越しに泣きそうな声で謝られました。
だから大学進学を諦めることに不満はありませんでしたし、将来自分で稼いで進学しようとあっさり切り替えました。

アメリカ留学から帰って以降は「自分で稼いで好きなところに行け」と言われました。
ただし渡航費用を貯めるサポートの一環として、日本に滞在している間の生活費、ヒサノにはほとんど出させませんでした。
口では「お前ちょっとは払わんかい」とか言いながら、本当に出そうとすると烈火のごとく怒るわ機嫌悪くするわな面倒くさい人だったので、素直にすねをかじりました。親父様のしなびたすねは超おいしかったです。

甘えてると思いますか? ええ、甘えてました。
でも、甘えて何が悪いんでしょう。
だって、応援してくれてるんです。ぽん、と大金は出せないから、娘が好きなことをするためにお金を貯める協力をしてくれてるんです。

「親父様ありがとう、大好き! また楽しんでくるね!」以外、何を言えと?

もちろん、うちの親父様が特別だってのは知ってます。出会う人出会う人に親父様自慢をして、そのたびに感心されますし親父様が褒められますから。だから余計自慢しちゃうんですよねー。いやー困った困った(満面の笑み)
そして行った先で全力で楽しんだ結果の写真をエアメールで送って、親父様が家に飾る写真を増やす手伝いをする。
それこそが最高の恩返しだわかっていたから、その方法で恩返しました。
で、帰るたびに増えてる写真立て見て「まーた飾ってるー」とか言いながら「こんときはあーでこーで」と話してと、親子で幸せ時間を増やしてました。

すねをかじっていい場合・悪い場合

まあね、完全な引きこもりニートで、将来的に自分で自分の食い扶持を稼ぐつもりもなくぐーたらするだけなら、確かに「親に甘えんなよ」とヒサノだって言うでしょう。
ですがやりたいことがあったり、将来のために勉強したかったり、もしくは病気や疲れでゆっくりしたい時。
いずれちゃんと独り立ちすることが前提なのなら、「いいよ」と言われている間は甘えていいと思います。

この短い「いいよ」には、「あなたを信じてる」「あなたを応援している」という感情が少なからず含まれているはずです。
だから甘えさせてくれる間はきちんと感謝を表しつつ甘えればいいんです。
どうせいずれ甘えたくても甘えられなくなるんです。

甘えさせてくれるなら、甘えた方が親だって嬉しいでしょう。
もちろん「自分の力で何とかするよ」と言えるのならば、それはそれで「頼もしくなった」「育ったなあ」と喜んでくれるはず。

もし甘えさせてくれる親に対して「悪いな」とか「申し訳ない」とか思うのであれば、一日でも早く独り立ちできるように努力したり、使ってもらったお金を将来返せばいいだけです。
だから素直に感謝して、親の愛情を受け取りましょうよ。

どうして子供の意志を頭ごなしに否定するの?

正直、全力で「俺のすねをかじれ! さあかじれ! かじって自分の好きなように生きろ!」と迫ってきた親を持つヒサノには理解しがたいのですが、どうやら世の中には子供にすねをかじらせたくない親というのもいるようです。
特に子供が海外に行きたいと言い出したり、クリエーターになりたいと言い出したりすると、全力で大反対するようです。

そして言い放ちます「なら自分で稼げ」と。
つまりは「認めもしないし応援もしない。勝手にやれ」と放り出すことになるわけです。
これ、なんででしょうね?
子供にとって親は誰よりも何よりも頼りにしている相手です。一番認めてほしいと思っている相手です。
その手を振り払う親、というのが本当に理解できません。

まあ、あんまりにも自慢できすぎる父親を持った超幸運な娘なので、仕方ないのかもしれませんが。

これがたとえば「海外に行かせるのが心配だ」とか「クリエーターになって大成できるかわからない。失敗したら大変だ。ちゃんとした生活をした方がいいんじゃないか」と心配しての事なら、きちんと話し合ってお互いの考えを理解すればいいわけです。

ヒサノも経験があります。チェコに来ることを決めた時「そんな社会主義の国!」「ソ連の国やろ!」「後進国に行っても学ぶことなんかない!」と時代錯誤な反対を食らいました。
まあその時はかっちーんと来ましたし、「まさか親父様がそんなことを言うなんて」とショックも受けました。
それでもきちんと「社会主義はもう終わってる」「チェコは確かにちょっと田舎っぽいかもだけどそれは日本と価値観が違うだけ。あと後進国じゃない」と話し、テレビ番組や雑誌やネットの情報を見せて「親父様が考えてるような場所じゃないよ」と根気よく説明しました。

最終的に「チェコもそんなに悪くないのかもしれんな」と考えを改めてもらえましたし、最後には「まあ、俺の古い考えを押し付けるわけにはいかんからな。お前の考えを尊重する」と認めてくれました。もう本当に最高ですよねうちの親父様。(鼻高々)

で、話は戻ってですね。
自分の子供のやりたいことを否定する親って、ちゃんと子供の話を聞いた上で判断しているのでしょうか?
本当に現実を全く見ず、例えば英語の勉強ひとつしてないのに「海外に行ったら英語が身につくし」と言って海外に行きたがってるだとか、絵の一枚も書いたことないのに「売れっ子漫画家におれはなる!」とか叫んでいるのであれば、「お前な」と突っ込み入れる必要はあるでしょう。
でもそうではなく、ちゃんと考えて、例えば英語の勉強をしていて渡航先や進学先についてきちんと調べているだとか、親の前で大っぴらにはしていなくてもすでに作品を作っているのであれば、お互いの思いや意見を交わすべきです。

だってちゃんと話をしなければ、どれだけ本気で考えているのか、どれだけ地に足付けた計画を立てているのかがまったくわかりません。
それを頭ごなしに否定されたら、子供だって親の言葉を受け入れられませんし結果として「やりたい事を認めてもらえなかった。自分のことを否定された」と親に対して感情的にしこりが残ることになります。

ちなみにハハオヤがこのパターンでした。
小説家になりたいと無邪気に言った小6のヒサノに、「あんた程度じゃ無理」と、実際に書いたものを読んだこともないのに頭ごなしに否定されました。
ちなみに長じて後、1冊だけとは言え商業で本を出版してもらえる程度にはなりましたが、ヒサノ程度がなんでしたっけ?

対称的に親父様もヒサノの書いたものを読んだことはありませんでしたが(ジャンルがジャンルだったので読むのを禁止した)、「小説書いてんのか! あっちゃんすごいな。がんばれ! 協力するで!」と全面協力してくれました。
同人誌即売イベントに行くのに車出してくれたり、海外にいる間は通販の宛名貼り&投函作業もしてくれたし。

まあ、娘のやりたいことは何でもやらせてやりたいと問答無用で「おっしゃ応援しちゃる!」と前のめりになれる親は珍しいですし、ここまで協力的になれとは言いませんよ?
それでもね、子供の事を本当に思うのであれば、自分の価値観だけで判断するのではなく、子供の意志を確認して、認めた上で協力するか反対するかを判断するべきだと思うのです。

応援の仕方はいろいろある。

さて、子供が本気で何かをやりたいと思っていて、その意思を尊重すると決めたとしましょう。
じゃあどう応援すればいいのか。
簡単です。「がんばれ。お前のことを応援する。何かあったら相談しろ。失敗したらいつでも帰ってこい。ここにいてやるから」と言えばいいんです。
それだけで子供には大きなサポートになります。
あと「応援してもらっているのだからちゃんとしなければ!」とモチベーションにもなります。

ただし「応援してくれるならお金出して」と真っ先に言ってくるようであれば「甘ったれるな」とどついてやればいいでしょう。
本気でやりたい何かがあるのであれば、親からの金銭的援助があろうとなかろうと、自分で勝手に計画立ててなんだかんだやり遂げるはずなので。
「親がお金出してくれなかったから」と泣き言を言うのなら本気度が足りてない可能性が高いため、もう一度きちんと話し合いをするべきでしょう。
お金が出せないとしても、お金を貯める間は実家に住ませたり、食料を送ってやったり、もしクリエーター活動をしているのなら知り合いや友人にこっそり宣伝すれば、話が巡り巡って何かの機会に子供に依頼が入るかもしれません。
それだけのことでも、子供からすればとてもありがたいんですよ。

……まあ、出会う人出会う人に娘の本の宣伝をしていた父親のおかげで、帰国してから会う人会う人に「小説家さんなのよね? すごいですね。●●ってタイトルの本出版したんでしょ?」と言われまくる羞恥心攻撃を受けたときにはさすがに勘弁してと思いましたが……

準備していたお金でしょ? なんで使わせてあげないの?

ちなみにこういう問題でよく見かけるのが「大学には行かずに外国に行きたい」とか「海外の大学に行きたい」という子供に「金は出さん!」と親が拒否するケース。

でもさ、日本の大学に行くならお金出すんですよね? それ前提で貯金とかしてたはずですよね?
日本の大学ならよくて海外はダメって、そこがまず利用できない。

他の理由でも、大学に行かないと子供が言い出したのなら、日本の大学に通う場合の学費+仕送りを概算出して「お前のために使えるのはこれだけだ。これ以上のお金が必要なら自分で稼げ」と言えばいいんじゃないかなあと思うんですが、ダメなんですか?
だってその分のお金はもともと大学の費用として貯金していたはずのお金ですよね?
子供のためのお金ですよね?
だったらそのお金、子供のやりたい事のために使ってなにが悪いんでしょうか。
ぶっちゃけ日本の大学で4年間遊び惚けさせるくらいなら、同じお金で人生経験積ませた方がよっぽどお金が活きると思うのですが、間違ってるんでしょうか?

感謝しながらすねをかじろう。

冒頭でも書いたように、世間では親のすねをかじることはよろしくない事だと思われているようです。
中でも親に留学費用や海外渡航費用を出してもらうのは言語道断という雰囲気もあるらしいです。
「親御さん太っ腹ー」とか「お金持ちなんですね!」とか言われるようです。
そのせいで「親のお金で留学してるから」と罪悪感を持たされる人もいるようですが、断言しましょう。

罪悪感を持つ方が、もっとご両親に悪いです。

だって親がお金を出してくれたという事は、子供のしている事を認めて、信じて、応援しているという何よりの証拠です。
なのに「お金を出してもらってごめんなさい」とか言われたら「え?」ってなりません?
「認めてくれて、信じてくれて、応援してくれてごめんなさい」って、なんかおかしいですよね?
そこは「ありがとう、がんばります!」ですよね?

もちろんせっかくお金を出したのに本当に遊び惚けて退学になったとか、甘い話に乗って全額失ったとか、せっかくのキャリアを棒に振るような真似をしたのなら土下座して謝るべき切腹案件ですが、ちゃんと学業を修めてやりたいことを達成して、自分の道をしっかり歩んでいるのであれば、その姿を見せて「ありがとう。お父さんとお母さんのおかげです」と感謝すればいいんです。
それで親は満足するでしょうし、子供に望む道を進ませてやれた自分を誇りにも思っているはずです。
証拠が必要ですか?
ご両親に聞いてみてください。きっと似たようなことを言ってくれるはずですよ。
ヒサノの場合はどうだったかって?
羞恥心で首絞めてやりたくなるレベルに娘自慢して歩く親父様の存在がなによりの証拠ですが文句あるってんなら言い値の10倍で喧嘩買いますよ?

もし今度また他人から「親のすねかじりが」とか言われたら、いっそ「ええ、そうですよ。親のすねおいしいです。だって両親に応援されてる証拠ですから。幸せですよ。羨ましいですか?」と開き直っちゃうのはいかがでしょう?
だって事実ですし、あなたが理解のあるご両親に恵まれているわかりやすい証拠なんです。
素直に感謝して、そして親を自慢すればいいんです。
素晴らしい親を持てたことを誇りに思いましょうよ。

コメント

  1. 奥久潤一 より:

    大変いい話を読ませてもらいました。ヒサノさんのような娘を持って、お父様も幸せでしたね。

    • a-h.work より:

      ありがとうございます。
      いつまでも父にとって自慢の娘でいたいと思っています。