さくらのレンタルサーバーライトプランでWPを使う方法

こんにちは。ヒサノアスカ(@AsukaHisano)です。

しばらく前からブログを始めたいと思いつつ、公私ともに色々大変だったことや、ここ数年ですっかり情弱化していたためさくらのレンタルサーバ ライト ではWPが使えないと思い込んでいたため、記事の準備だけして実際のブログ設置は後回しにしていました。

ですがつい最近、何気なくネットで検索していたら普通にWPインストールするのと大して変わらない手間でさくらのレンタルサーバ ライト でもWPが使えると知り、更には無料SSLも設定できると知ったことで、永住権申請をきっかけにこのブログを立ち上げることにしました。

今後ブログを増やす予定はないのですが、ヒサノと同じような理由でブログ運営に迷っている方の背中を押すためにも、手順をシェアしようと思います。

この記事ではさくらのレンタルサーバ ライト の使用を前提としていますが、PHPとSQLiteが使えるサーバーであれば、問題なく適用できます。

Adsense広告

なぜさくらのレンタルサーバーライトプランにこだわるのか?

理由は一言、すでに十ウン年使い続けおり、10GBの容量ですら持て余しているからです。

WPを使うためだけに、更に容量が余りまくるのが目に見えてる上位プランへの移行など考えられません。一気にお値段上がりますし(超重要)

また、長年使っているサブドメインがあり、愛着もあるため、プラン変更でうっかり同じものを取り直せなかった場合のダメージを考えるとライトプランから安易に切り替えられません。

さくらのレンタルサーバ では、プラン変更時に現在使用しているサブドメインの移行ができません)

加えてヒサノは手打ちで自サイト作ってますし、過去には各種CGIをFTPでアップロードして設定したりしていたため、他のプランや他のレンタルサーバーが謳う「かんたんインストール」じゃなくても全然かまわない派です。

ぶっちゃけ、システムをDLして、追加アドインをDL・解答・フォルダを移動して、最低限の設定だけしてFTPでアップロードしたらパーミッションすら変えずに使えるWPのインストールは、いっそ感動すら覚えるくらい簡単でした。

強いて不満点を挙げるとすれば、膨大なファイルをアップロードするのに時間がかかった、という点でしょうか。

つまるところ自分で作業することに抵抗がないのであれば、安価で複数のWPを設定して運営できるさくらのレンタルサーバ ライト は、世間の評価はともかく、ヒサノにとっては十分満足できる環境なわけです。

免責事項

この記事は、ある程度自分でウェブサイト構築関係の作業ができる方を想定して執筆しています。
具体的には以下のような作業があります。

  • インターネットからzipファイルをDLして解凍
  • エディタを使ってファイルの文字列操作
  • FTPを使ってサーバーにファイルをアップロード

これらの作業についてやり方がわからない・こまかい手順が必要という方は、もっと詳細な説明記事を探すか、「かんたんインストール」が使えるサーバーやプランをご利用ください。

実際のインストール手順

  1. WordPressの日本語公式サイトに行って、Wordpress本体をDL・解凍する
  2. SQLite IntegrationをDL・解凍する
  3. SQLite Integrationを解凍するとできる「sql-integration」フォルダを、Wordpress本体を解凍してできた「wordpress/wp-content/plugins」フォルダに移動する
  4. 「sql-integration」フォルダ直下にある「db.php」ファイルを、「wordpress/wp-content/」フォルダにコピーする
  5. 「wordpress」フォルダ直下にある「wp-config-sample.php」ファイルを「wp-config.php」に変更する
  6. 「wp-config.php」ファイルをエディタで開き、WordPress.org純正の秘密鍵生成システムにアクセスし、表示された文字列を「wp-config.php」の該当部分にコピペする
  7. FTPでサーバーにアクセスし、Wordpressフォルダの中身すべてを希望するディレクトリにアップロードする
  8. WordPressのアップロードが完了したら、アップロードしたディレクトリ直下の「wp-admin/install.php」にアクセスする
  9. セットアップ情報を入力すればインストール作業完了

ね、簡単でしょう?

複数のWPインストールについて

他のディレクトリにもう一つWPをインストールしてみましたが、こちらのブログもあちらのブログも特に問題なく使えてます。

さすがに10とか20とか増殖させるとなると、トラフィックや負荷が気になってくるため問題ないと保証できません。というかそんなに作るなら素直に上位プランを使いましょう。SQLite Integrationも万能ではないので大量トラフィックにどこまで対応できるか不明ですし。

ただまあ常識的な範囲で使う分には問題ないのではないのかなーと楽観視しています。

SQLite Integrationを使う事による注意事項

SQLite Integrationの公式サイトを確認したところ、このプラグインは小規模・中規模のサイト運営を想定していて、ちょっとひと手間いるようですがマルチサイトも使えるそうです。

ただし膨大なトラフィックへの対応はテストされていないため、バズや炎上を頻繁に起こす予定があるのであれば、動作が不安定になる覚悟をして使ってください。

またSQLite Integrationは数年単位で更新されていないため、WPやMySQL、SQLiteで大幅な変更が入った場合、将来的に使えなくなる可能性がゼロではないという事も念頭に置いておきましょう。

2018年7月20日 偶然知ったのですが、SQLite Integrationの公式サイトがリンク切れを起こしています。
サイト自体がなくなっているので、もしかするとサーバーとの契約解除で消えたのかもしれません……
プラグイン自体はWordPressのプラグインページから問題なくダウンロードできるので、継続使用は可能だと思われます。というか可能じゃないと真剣に困る。

コメント