TransferWiseのMastercardデビットカードでボーダレス口座がもっと便利に!

こんにちは。ヒサノアスカ(@AsukaHisano)です。

 

以前の記事でTransferWiseのボーダレス口座について説明しましたが、この口座を最大に活用するために必須となるのが新しいMastercardデビットカード!
そもそもボーダレス口座保持者が対象(=ヨーロッパ限定)な上にまだまだ発行開始して程ない(2018年の3月~4月に先行発行開始)ので、日本人にはその存在事態があまり知られていないかもしれません。
ほぼほぼ備忘録扱いですが、現時点で判明しているアレコレを記事にしておきます。

そもそもMastercardデビットカードって何?

近年デビットカードも広まっているので特に説明はいらないような気がしなくもないですが念の為。

一般的には、銀行口座を開設した際に発行されるキャッシュカードで、お店で支払いに使えるものを指します。

このデビットカードの利点は、銀行口座と直接結び付けられているため、利用限度額は口座の残高で引き落としはほぼ即時。

つまりクレジットカードのように引き落とし日やお金の使い過ぎを気にしなくてもいいのがとっても便利。

とはいえ、うっかりクレジットカードを使いすぎての借金地獄を避けられるのはいいですが、逆に口座に残高がないとただのプラスチックのカードに成り果てるので、やっぱりご利用は計画的に。

ところで本来は銀行のキャッシュカードであるはずのデビットカードになんでMastercardというクレジットカードブランドがくっついているのかをざっくり説明すると、金融機関がクレジットカード会社と提携することで、クレジットカード会社の決済システムを経由してデビットカードで決済できるようにしているからです。

なのでクレジットカードを持っていない人でもオンライン決済ができるので本当に超便利!

もちろん支払い上限は銀行口座の残高なので、借金してでも買い物したい!って人や、給料日まで待ってられない!って人には向きません。

ちなみに今回話題にしているのはMastercardデビットカードですが、他にもVisaデビットカードも存在します。

AdSense広告

TransferWiseのMastercardデビットカードの何がすごいの?

まだすべての通貨が対象にはなっていませんが、米ドル、英ポンド、ユーロ、豪ドルにおいて、TransferWiseボーダレス口座の残高以内であれば、このカードを使って自由に支払いが行えます。
逆を言えば、ボーダレス口座の残高範囲内で支払いをやりくりする必要が出てくるため、低予算で海外旅行をする際の無駄遣い防止にめっちゃ効きます。

また、使いたい通貨の残高が足りなくても、他の通貨の残高があれば、そこから差額分だけ自動的に両替してくれるようです。
加えて1日200ポンド相当額までであれば、現地ATMからも手数料無料で引き出しができます!

更にはコンタクトレス(非接触式)カードなので、対応ターミナルであれば支払いの際にいちいち磁気テープをスワイプしたり、スリットに差し込まなくてもタッチするだけで支払いができます。
しかも支払金額が一定以下ならPINの入力すら不要なのです!
これはうっかり盗まれた場合に悪用されるリスクにもなりますが、日常の会計がめちゃくちゃスムーズになるため、個人的にはプラマイ大いにプラスです。

おわりに

今回はTransferWiseのボーダレス口座の新サービスであるMasterCardデビットカードについてざっくり紹介してみました。

そもそも日本のTransferWiseでボーダレス口座が使えないためあまり日本人向けではないサービスですが、欧米移住者でTransferWise活用に興味のある方には耳寄りな情報かな?と思っての情報共有です。

近々実際にTransferWiseMasterCardデビットカード発行手続きを取る予定なので、実際に入手したら申し込み方法などについてレポートします!

コメント