さくらのサーバーライトプランでWordPressを常時SSL化する方法

こんにちは。ヒサノアスカ(@AsukaHisano)です。

 

このブログを立ち上げた主なきっかけはさくらのレンタルサーバ ライト でも力技を使えばWordPressを使えると知ったからですが、実は同じくらい重要だったのが2017年春に届いた一通のメール
それが、さくらのレンタルサーバ ライト でも独自SSLを使えるようになったというニュースリリースでした。
ブログを始めるならWordPress&独自ドメイン&常時SSL化がほぼ常識になっている中、15年以上使い続けているサーバーがその条件を(若干ムリヤリながらも)満たすことになったのです。
もちろんそこで即座に行動に移したわけではありませんが、それでも将来の行動には繋がりました。

とまあそんな経緯はさておいて、この記事ではさくらのレンタルサーバ で無料のSSLを使ってWordPressをSSL化する手順を解説します。

Adsense広告

事前準備:サーバーにドメインを設定する

さくらのレンタルサーバ の場合、独自SSLを使えるのは独自ドメインに限ります。
つまりさくらのレンタルサーバ が売りにしているオプションのサブドメインでは使えません。
なので必ず事前に自分のサイト用のドメインを取得して、サーバーに設定しましょう。

手順については以前書いた↓の記事をご参考にどうぞ!

ムームードメインで取得した独自ドメインを、さくらのレンタルサーバーに設定する方法
ブログを開設するにあたり、ムームードメインで独自ドメインを取得してさくらのレンタルサーバーに適用しましたが、実はドメインを最大限活用するには、DNS設定にムームーDNSを使う必要があります。実際の失敗体験を元に、さくらユーザーの場合のムームーDNS設定方法とさくら側での設定方法について解説しています。

独自ドメインをSSL化する

それではさっそく始めましょう。
まずさくらのレンタルサーバ のドメイン一覧ページに入り、SSLを適用したいドメインの「SSL」にある「登録」をクリックします。

SSL

出典:さくらのレンタルサーバー

今回は無料SSLを使用するので、「無料SSLの設定へ進む」をクリック

SSL

出典:さくらのレンタルサーバー

すると無料SSL証明書についての色々な説明が出てくるので、目を通して一番下の「無料SSLを設定する」をクリックしましょう。

SSL

出典:さくらのレンタルサーバー

すると↓のような画面になり、無料SSL適用の手続きが開始されます。

SSL

出典:さくらのレンタルサーバー

この後、さくらのレンタルサーバ から「SSLサーバ証明書発行のお知らせ」というメールが届けばドメインのSSL化は完了です。

WPを常時SSL化する

さて、SSL証明書発行のメールを受け取り、初回ログインをしてWordPressに入ったらSSL設定を開始します。
ぶっちゃけ本家本元でとても詳細な手順が公開されているのですが、ここはあえて記事にします。

通常であれば、常時SSL化には.htaccessを使っていろいろ設定や対応する必要があるのですが、さくらの場合はSSL化プラグインを導入することで以下の点が一気に対応されます。

  • サイトURL設定の変更
    サイト内リンクのリンク先が、http://~からhttps://~に変更されます。
  • 過去の投稿のURL書き換え
    SSL化前に投稿した画像ファイルなどのURLがhttps://~に変更されます。
  • サイトURLのリダイレクト
    http://~でのアクセスを、https://~にリダイレクトします。

けっこう面倒だし繊細な設定もあるので、自動でやってもらえるなら万々歳です。

というわけでさっそく手順に移りましょう。
まずはさくらのレンタルサーバ 推奨のSSL化プラグインが必要なので、WordPressにログインしてプラグインの新規追加画面を開きます。
キーワードはざっくり「さくらの SSL」とか入力すると出てくるので、「今すぐインストール」をクリックしてください。

SSL

WordPressプラグイン設定01

インストールが完了したら、そのまま「有効化」しましょう。

SSL

WordPressプラグイン設定02

 

するとプラグインの一覧画面に移動するので、設定>SAKURA RS SSLをクリックして設定画面を呼び出します。
設定自体は難しく考えず、

  • チェックボックスは両方チェック
  • SSL証明書の種類はドメイン一覧画面のSSL種別を確認(無料SSLの場合はSNI)

とすればいいです。

SSL

WordPressプラグイン設定03

設定をしたら画面をぐぐーっと下までスクロールし、書かれている内容に目を通してから「SSL化を実行する」をクリックしましょう。

SSL

WordPressプラグイン設定04

最後にhttpsでサイトURLにアクセスしてみて表示されたら常時SSL化は成功です!

おわりに

というわけで、さくらのレンタルサーバ 上のWordPressをSSL化する手順でした。
プラグインが準備されているおかげで.htaccessの手続きが不要になるためとても楽です。
個人的に気になるのは、もし初めからWordPressをSSLドメインで構築した場合もこのプラグインが必要になるのかどうか……という点ですが、まあおまじない的に入れておいてもいいんじゃないかなと思います。

ちなみに他のサーバーに移転する際には、さくらのSSL化プラグインは事前に無効化・削除した上で移転作業をしないと不具合が出るかもしれませんのでご注意ください。

コメント