【2018年 日本買い出し旅行】安くてオトクな航空券の探し方

こんにちは。ヒサノアスカ(@AsukaHisano)です。

 

旅行であれ長期滞在であれ、日本から他の国に行くには絶対に必要になるのが航空券。
何年も海外と日本を行き来してますが、毎回とっても悩みます。
どうせ同じ航空会社・同じクラスの席で旅するなら、一番安くてオトクなチケットを選びたいですよね。
というわけで、今回の日本行きチケット購入までの 右往左往試行錯誤をご紹介します。

AdSense広告

航空券比較サイトで日程の目安をつける

ヒサノがほぼ毎回使っている航空券比較サイトはmomondo.comです。
海外サイトのため日本語表示や日本円での料金提示はありませんが、価格比較の際には英語と米ドルに設定すれば問題ないでしょう。
ちなみにチェココルナにも対応しているため、チェココルナで支払う際には通貨を変更しています。

出発地と到着地、日程を設定して「Search」をすると、たくさんの航空券が表示されます。
残念ながらチェコと日本を繋ぐ直行便がないため、移動時間の短縮や長時間の乗り換え待ちを避けるために、乗り換えは1回、旅の総時間は30時間程度に設定すると、いい感じの旅程が残ります。
ちなみに大阪着と東京着のどっちにしようかと悩んだのですが、預け荷物2個OKなANAが東京便オンリーだったため、東京着に。
どうせ関東勢の友人たちと会うために大阪と東京の往復は考えていたので、それなら到着後か出発前に会えばいいじゃん!との判断もありました。

また、日程に余裕がある場合は出発日と到着日を前後させて一番安い日程を探すのもよくやりますね。
というわけで、出発日を1月17日~1月31日、到着日を2月7日~2月20日あたりで色々検索した結果、1月17日発2月7日着か1月24日発2月14日着の日程と決めました。

友人の都合に合わせて日程を確定。

次に関東住まいの友人たちに「この日からこの日あたりで東京に行きたいんだけど予定どう!?」と連絡を入れて、空いてる日を教えてもらいました。
特に一人はアート系のパフォーマーなので、前もって予定を抑えてないと日本のどこにいるんだか……という状況になりかねなかったので、真っ先に空いてる日を確認しました。
その結果、後者(1月24日発2月14日着)だと東京の滞在日数を最小に抑えられると判明したので旅行の日程を確定&友人たちの予定を押さえました。

AdSense広告

航空券の購入まで

日本の滞在日程が決定したので、すでに出遅れぎみだった(11月)航空券の購入を急ぎました。
まずはmomondo.comで条件を絞って検索。
更にスカイスキャナーでも同条件で検索。
ちなみに金額を比較したかったので、両方共米ドルで検索しました。
その結果、スカイスキャナーで見つけた往復ANA名義のコードシェア便を選びました。
理由は主に預け荷物の個数です。
他の航空会社だと1個なのに対してANAだと2個なので……すが、復路便がどうやらルフトハンザらしいので、カウンターで2個めのスーツケースを断られたらどうしようかとガクブル中です……

2018年2月15日追記
ルフトハンザのカウンターでチェックインしたんですが、何の問題もなく荷物2個受け取っていただけました!
ちなみに重量上限ぴったりだったのはまあお約束です(笑)

複数の価格比較サイトを比較する利点

これはもう、それぞれが対応している航空券販売サイトの違いが主です。
結局この日本行きはスカイスキャナーからSurprice経由で購入しましたが、この後のフロリダ行きはmomondo.comで見つけた航空券のが旅程的にも費用的にもベターだったのでそちらを選んでます。
あと、なんだかんだでmomondo.comは欧米の販売サイトがメインなので、日本円で計算すると為替の問題もあって色々割高になったんだろうなあと推測。
一応スカイスキャナーの欧米版でも同条件で検索しましたが、支払いの段階で大幅に手数料追加されたのでmomondo.comで見つけた航空券に切り替えました。
こういう対応ができるのも複数サイトで検索する利点のひとつですね。

AdSense広告

しっかり調べてオトクに旅しよう!

どうせ同じ旅程で旅をするのであれば、同じ便に乗るのでも支払いは安くあげたいですよね。
出発日・到着日を絶対に妥協できないとか航空会社にこだわりがあるという場合でも、どこを経由して買うかで意外と料金に差が出てきます。
常に旅行会社で買っている、という人もいるかもしれませんが、旅行会社では取り扱っていないような旅程や価格帯の航空券もあるので、もしちょっとした冒険を楽しんでみたいのであれば、航空券比較サイトはオススメですよ!

コメント