【2018年フロリダ一人旅その8】オーランドに行くならSeaWorld・Aquatica・Discovery Coveにも行ってみよう!

2018年フロリダ一人旅の記事をまとめて読む!

【2018年フロリダ一人旅】記事一覧
2018年3月13日から4月18日にかけて、アメリカのフロリダ州+αを一人旅しました!この旅のための準備から実際の旅の風景、また旅の最中に知ったり学んだり経験したことを赤裸々に綴った記事の一覧です。まとめ読みや興味のある項目の検索にご活用ください!

こんにちは。ヒサノアスカ(@AsukaHisano)です。

 

さて、これまでの記事ではユニバーサルオーランドリゾートとディズニーワールドについていろいろ書いてきましたが、実は今回の旅ではあと3つのテーマパークにも行くことにしました。

それこそが Sea World、Sea World系列のDiscovery CoveAquaticaの3パーク!

なぜこの3パークに行くことにしたのか、またそれぞれの特長について、具体的に紹介します。

Adsense広告

Sea World系列パークに行くことにしたきっかけ

これらのパークは元々知っていたのですが、行くかどうか結構悩んでいました。

主に日程が比較的ぎりぎりになっていることと、いろいろな手配で予算が恐ろしいことになっていたため、行くの難しいかな、でもどうせなら制覇しておきたいなあと。

そんな中、チケットの値段を最後のあがきで調べていた時に判明したのが、Discovery Coveのチケット購入で Sea WorldAquaticaに14日間は無制限で遊びに行けるようになる。

しかも多少の予算追加でイルカと戯れることができる。――これはもう、行くしかない!

というほぼノリで決定しました。

まあその分マイアミ滞在期間が圧縮されるハメになるのですがそれはそれとして。

Sea World系列パークとそれぞれの特長

今回ヒサノが行くことにした3パークはオーランドに存在するパークでして、実はオーランドから車で約2時間の距離にあるタンパという街にも2つBush GardensAdventure Islandがあります。

Sea Worldチケットにはこれらのパークを含めたかなりオトクなチケットもあったのですが、さすがにこれ以上他の街まで足を伸ばすと予算も予定もきっつきつになるため、どうするかすっごく悩んでいた中で、Discovery Coveチケットの特典に気づいたわけです。

さて、それぞれのパークの傾向を簡単に説明すると次のようになります。

オーランド所在パーク

Sea World:遊園地+海の生き物ショー

Discovery Cove:海の動物と触れ合えるプールリゾート

Aquatica:ウォーターパーク

タンパ所在パーク

Bush Gardens:遊園地+動物園

Adventure Island:ウォーターパーク

タンパ所在の2パークについては詳細を調べていませんが、オーランド所在の3パークはあまり大きなパークではないようなので、どのパークも1日ずつで計画しています。

問題は、3パーク(内2パークはウォーターパーク)を移動日直後に3日連続で計画していることでしょうか。しかもその後1日空けてディズニーワールド。……これ、真剣に体力持つかなあ……?

まあ、そんな懸念はさておき、オーランドの3パークについてもう少し細かく紹介します。

Sea World

きちんと調べる前は水族館+遊園地のイメージでしたが、水族館というよりは海獣ショーメインっぽいです。

ショーがあるのはDolphin Daysのイルカ、Sea Lion Highのアシカ、Pets Ahoyの犬猫カモ鳩ぶたさん、One Oseanのシャチなどで、シャチのショーがパークの目玉のようです。

遊園地パートもライドはそんなに多くない中、Manta、Kraken Unleashed、Makoという三大コースターがあります。

ちなみにMantaはフライング・ダイナソー的な下向きライド、Kraken UnleashedはVR付きジェットコースター、Makoはオーランドで一番高い・速い・長いが揃ったジェットコースターだそうで、めっちゃ興味津々。

他にはJourney to AtlantisというウォーターコースターやAntarctica: Empire of the Penguinという室内ライドもあるようです。

Aquatica

ここはわかりやすくウォーターパークで、Cutback Cove & Big Surf Shoresという2種類の波のプールをはじめ、Dolphin PlungeとIhu’s Breakaway Fallsという一人用スライド、Omaka Rocka・Tassie’s Twisters・Whanau Wayという3つの浮き輪タイプスライド、Walhalla Waveというグループスライド、Taumata Racerというマットに腹ばいになって滑るタイプのスライド、Roa’s RapidsとLoggerhead Laneという2種類の流れるプールなど、いろいろなアトラクションが揃っているようです。

中でもIhu’s Breakaway Fallsは出だしが垂直に落っこちるトラップドアタイプのスライドということで、今からもう楽しみで楽しみで。

ちなみにスライドのあるウォーターパークはここがこの旅で最初になるので、本当に楽しみです。

そもそもウォーターパークに行くの何年ぶりだろう……

Discovery Cove

Sea World系列パークに行く決め手となったのがこのパーク。

上でも簡単に書きましたが、イルカや他の海の生き物と触れ合うことのできるウォーターパークです。

ちなみにVolcano Bayがオープンするまで数年連続でオーランドの人気No1パークだったようです。

このパークの何がすごいところを羅列すると次のようになります。

  • 1日の来場者数が1300人限定のため、予約は来園日指定
  • 朝食・昼食・スナック・基本のドリンクが飲み食いし放題
  • タオル・シュノーケル&マスク・ウエットスーツの貸出し無料
  • 海の生き物に優しい日焼け止めも無料で使える
  • ロッカー貸出も無料

つまりは入場チケットさえ買えば、基本的には水着だけ持っていけば一日過ごせます。

さらにはSea WorldAquaticaDiscovery Cove入場日前後14日間行き放題。

また、基本チケットに60ドル追加でイルカに触れたり、イルカとちゅーしたり、イルカのヒレに捕まって泳げたりするとか、もうこれ行かないほうが損じゃね?

実はもっと長く、しかも2頭のイルカと触れ合ったり、魚たちに餌を与えることのできるチケットもあったりしたのですが、流石に400ドル超えは予算的にも無理がすぎたので諦めました……

チケットの買い方

実はこのDiscovery Coveチケットのみ、公式サイトでチケットを買いました。

ちょうど行けるあたりの価格がUndercover Touristの価格より安かったんですよねー

買い方はそんなに難しくありません。

基本チケットもオプション付きチケットも、Discovery Coveに行く予定の日をカレンダーから選択して、人数と値段を確認して、カートに入れる。

2歳以下のお子様は無料ですが、きちんと人数を計上しなければならないため、一番下でお子様の人数を追加するのを忘れてはいけません。

その後、カートからさらなるオプション(サメと泳いだりエイに餌やったりするオプションや写真オプション、アルコールオプションなどがあります)を選んだり選ばなかったりして、最終的に支払いに進みます。

写真オプションは若干心惹かれたのですが、ディズニーワールドのメモリーメーカーを簡単に飛び越す200ドル超えは無駄だと思えてしまったのでナシにしました。

ただしDiscovery Coveに興味がないのであれば、素直にSea Worldの公式サイトから2~4パーク(Discovery Cove以外のパーク)への入場を含めたチケットを買ったほうが安く上がります。

結局は何がやりたいか・どこに行きたいかの話になるので、ご自身や同行者の方々の意見を取り入れた上でリサーチ&意思決定してくださいね!

最終的な旅の前半日程

というわけで、旅の前半の日程が確定しました。

オーランドに到着した翌日にWest Palm Beach経由でFort Lauderdaleに移動し、その翌日から3日連続でスキューバダイビング、一日休んでマイアミに移動しKey Westへ日帰り旅行&マイアミ散歩、オーランドに戻ってDiscovery Cove、Sea World、Aquatica、1日休んでディズニーとなります。

……ええ、詰め込み過ぎなのは承知しています。でも「どうせなら……」という悪魔の囁きに抗うには好奇心と貧乏性が強すぎました。

ケネディ宇宙センターについてはユニバーサル期間に行けそうなら行きたいと思いつつ、まだいいツアーを見つけられていません……

旅してる間に見つけられたらいいなー

コメント