ヒサノがチェコでの永住権取得を決めた理由。

こんにちは。ヒサノアスカ(@AsukaHisano)です。

 

「チェコに5年住んで資格ができたので永住権に申請します」と周囲に話したところ、大半の人たちから「じゃあもう一生チェコに住むの?」「チェコってそんなにいいところ?」という反応を受けました。

残念ながら、ヒサノがチェコの永住権取得申請をしたのは、そんなに前向きな理由ではありません。

いえ、チェコは好きですよ? 本気で嫌ならとっくにチェコから出て行ってます。
なのですが、一生住みたいかと言われれば、「え? うーん……」と考え込んでしまいます。

「だったらなんで永住権取るのさ?」と思われそうなので、ヒサノが永住権取得を決意した理由を赤裸々に説明してみます。

Adsense広告

そもそも永住権って何?

永住権とは、EU圏外出身の外国人でも、チェコ人とほぼ同じ条件でチェコに住むことができるものすごいビザです。

市民権ではないため投票権やパスポートは取れませんし、他のEU国で就職したり進学したりしたい場合はその国でのビザ取得が必要となりますが、福祉の恩恵(チャイルドケア、国民保健、万が一の生活保護など)も受けられますし、チェコ国内で物件を買おうとした場合にチェコ人と同じ利率でローンを受けたりできます。

2017年時点での有効期間は10年で、10年経つと更新申請が必要です。
ただこの更新申請は、きちんと税金払っていて、実質5年以上チェコに滞在していればあまり問題なく更新できるようです。
また、永住権を取得してから5年経った時点で市民権取得の申請ができるようなります

というわけで永住権ってのはチェコ国内においてチェコ人とほぼ同等の権利と義務を持って10年間滞在できるすごいビザと思ってあんまり間違いないでしょう。

このことを念頭に置いて、ヒサノの取得理由を挙げていきます。

何にも縛られることなくチェコに住める

まず一番に出てくる理由がこれです。
通常の長期滞在ビザは、パートナーだったり仕事だったり学校だったりと、「チェコに住む理由」がなくては取得できません。
もちろんそれはそれでいいのですが、問題はパートナーと別れたり、仕事を辞めたくなったり、学校を卒業・修了した後どうするのか、という点です。
仕事であれば、辞める前に転職先を見つけておくか、もしくは正式に辞職した日から60日以内に次の仕事を見つけてEmployee cardに申請すればそのままチェコに滞在できますが、結局は仕事を見つけなければならない。
チェコには日系企業が意外とたくさん存在するので、日本語と英語、もしくはチェコ語ができて、そこそこの社会経験とスキルがありさえすれば、たぶん仕事を見つけるのはそう難しくありません。
また語学を頑張ったり学費を払ったりして学生になることもできますが、学校はいずれ卒業しなければなりません。
パートナーにしても、一生添い遂げられる相手であれば問題ありませんが、万が一破局することになってしまったら、もうそれまでです。
仕事が嫌になったり学校を卒業しても仕事が見つからなかったり、またパートナーと不仲になったけれどずっとチェコにいたいと考えたとき、新しい仕事や学校、パートナーをすぐに見つけなければビザが失効されるため日本に帰らざるを得なくなります。
ヒサノの場合、5年滞在したのでビジネスビザ取得もできなくはないですが、これも最終的にはきちんと税金を払うだけの儲けが出ていないと更新が難しかったりするらしいですし。
いずれにしても、チェコにいるには何らかの理由が常に必要で、その理由が正当でしっかりしたものだと証明し続けなければならないのです。

それって、とてつもなく不自由で、しんどくないですか?

ヒサノは、まるで仕事に人生を握られているような感覚に陥りましたし、それがどうにも嫌だったので、永住権の申請を決めました。

何をしてもしなくても、日本に帰らないでいい。

あ、もちろん犯罪行為は別ですよ?>何をしても

とまあ冗談はさておいて、20歳直前からの年月の大半を日本から離れていたヒサノにとって、日本社会はどうにもこうにも「いきぐるしい」ところです。

自分語りはいずれ他の機会にと考えていますが、年齢や性別関係なく、周りの目を気にしないで好きな恰好をして好きなことをして感情オープンに生きることにすっかり慣れた身としては、性別だけでなく年代ごとに「あれを着て、このメイクをして、ステータスはこれかそれ」と決まっており、それから外れると「あの歳にもなって……」とか「あんな生き方、絶対ろくなことにならない」だとか言われるのが理解できないし苦痛です。

また感情表現が本当にオープンなので、嬉しいことがあったら周りの人をハグしたくなるし、飛んで跳ねて踊って声あげてと感情を爆発させますが、日本でそれやると「あたまのおかしいひと」扱いされるので無理。
そもそもハグは、友人であっても全力で拒否られるケースが何度かあったので心折れました。

加えて、最近の「知らない人を見たらみんな犯罪者だと思え」的な風潮は、理解できないし理解したくもありません。
だってそんなん、災害大国の日本でやってたら、みんなどうやって生き残るの?

そもそも物心ついたころからすでにいじめに遭っていた身としては、自分の経験を鑑みて日本では子供育てたくないなあと。
だってヒサノの子供なら(日本人目線で)ヒサノのような変わったのになるのは目に見えているので、そんな目に合わせるくらいなら「あの子、外国人だから」と区別した上で許容される外国の方がよっぽどいいです。

むしろ日本に帰る場所も帰る理由もない。

すみません、もう少し自分語りが続きます。

ヒサノは離婚家庭の父子家庭で、母親との仲が最悪だったため母親とは現在完全に音信不通です。

日本では絶滅危惧種であろう「親父様大好き」娘だったのですが、その父が2年前に亡くなりまして、その瞬間から、日本は出身地ではあっても、帰る場所ではなくなりました。

何しろ日本に行くときは宿から手配という、半分以上外国人旅行者の気分です。

友人たちはいるものの、ご家庭のある友人宅に1週間も2週間も居座れませんて。

そんなわけで、現在自分にとっての「家」と呼べる場所を作らなければとほんの少し必死になっているのです。
まあ、あくまで自分比なので、ほかの人から見たら「え? 必死?」な程度ですが。

これまでいろいろな場所で暮らしてきて、一番好きだなあ、住みやすいなあと思ったのはブリスベンとプラハ。

ブリスベンに移住するのはお金がかかりそうですが、プラハというかチェコなら、外貨(日本円・ユーロ・米ドルなどなど)をそこそこ稼げばけっこういい暮らしできるんですよね。

なので、金銭面の兼ね合いもあってのチェコです。
永住権取れたら、住宅ローンなんかも対外国人利率じゃなくなるようですし、自宅を持つのも夢ではない!

外貨を稼げれば強い。

上でもちらっと書きましたが、チェコは生活面での物価がとても安いです。
すごくざっくり言ってしまえば、だいたい日本の半分以下。

なので、たとえば日本円で10万円も稼いだら、プラハでなければそこそこいい立地のそこそこいい部屋に一人で住んで、ちょっと無駄遣いしながらでも余裕で生活できてしまいます。
プラハでも中心地まで交通機関で20分程度の距離に、シェアしながらになりますが住んでやっぱりそこそこ無駄遣いしてでも暮らせます。
20万円稼いだら結構いい立地のいい部屋で、お金のことをあまり心配せずに暮らせるでしょう。

つまるところ、これまでの5年で稼いだお金と、これから稼ごうとしているお金を合わせれば、そこまであくせくしなくても生活できる見込みがあるわけです。

もともと物欲が、ごく一部のものを除けば本当にない上に、比較的びんb……節約生活に慣れているため、生活コストはけっこう低く抑えられます。

長くて寒くて暗い冬と周りに海がない問題さえ何とかなればヒサノにとってチェコは実に住みやすい国なのです。

……まあ、問題視してるのがどうがんばっても変えられない点ってあたりがアレではありますが。
なにせ天変地異が起きなきゃ無理なレベルだもんなーあはははは。

もらえるものならもらっとけ。

えーと、ヒサノはもったいないお化けとの付き合いが長いもので、せっかく5年いて取得できる可能性があるのなら取得しちゃえ、という単純思考が一番最初に働いていました。

その後いろいろあって取得がマストになったのですが、根っこのところはやっぱり「5年間滞在してせっかく権利が生じたのに行使しないとかもったいない」思考です。

だって、ねえ。取って損しないどころかイロイロ得するのなら、本当に取得しない理由がわかりません。

だいたいこんな感じです。

そんなわけで、以上がヒサノがチェコの永住権取得を決めた理由でした。

正直理由がこんなんなので、物価という利点を除けばぶっちゃけどこの国でもよかったのですよね。

ただ、偶然、チェコで永住権が取れる状況になった。だから取ることにした。
本当にそれだけです。

なので今しばらくはチェコにいるつもりですが、基本移住レベルでのフットワークが軽い方なので、たとえば恋人ができて「自分の国で暮らさないか?」と誘われたり、「面白いこと一緒にしたいからこの国においでよ!」なんて誘われたりしたら、たぶん「おっしゃ!」と飛んでいくと思います。

ちなみに現時点(2017年9月)で決まっているのは、11月末に仕事を辞めることと、年が明けたら日本にちょっとだけ行くこと。それだけです。
永住権取得が決定してないのに退職宣言したので、本心けっこうナーバスです。却下されたらどうすっかな……ははは。

2017年10月30日更新
永住権確定しました!

コメント