毎年10月恒例チェコ日本人会の秋祭り情報

こんにちは。ヒサノアスカ(@AsukaHisano)です。

 

チェコには結構な数の日系企業が現地法人を出していて、かつ家族連れの駐在員も少なくなかったりするのですが、意外なことにプラハでさえ普通に生活をしていると現地に住んでいる日本人と出会うことがないという声を聞きます。
そんな中で、プラハ近郊に住む日本人が一堂に会する年に一度のイベントがチェコ日本人会主催の秋祭りで、今年も10月14日(日)に開催されます。
この秋祭りについて、どんなイベントなのかざっくりとですが紹介します。

Adsense広告

チェコ日本人会秋祭りの概要

チェコ日本人会がプラハ近郊やピルゼンに拠点を置く日系企業や日本人学校、日本文化グループなどに声をかけて開催するイベントです。
企業や日本人学校などは食べ物メインの屋台的なブースに出店し、日本文化グループは発表会的な感じでステージパフォーマンスを行います。
開催日は毎年10月の第一か第二日曜日で12時開会、15時閉会という比較的短時間のイベントで、開催場所はKotlářka Baseball Ballparkです。

最寄り駅はそれぞれ以下のとおりです。

  • メトロ Petřiny駅(A線
  • バス  Nad Markétou(260)、Vypich(180)
  • トラム Vypich(22、25)

告知はほぼFacebook上のみで、出店者や協賛協会によるFBページでの案内がメインかな?
Facebookページの例は以下のとおり。

Akimatsuri 2018
Japanese Autumn Festival Akimacuri 2018
Akimacuri

主催であるチェコ日本人会がこういった集客必須なイベント情報を率先してオープンな場で告知しないのは、こういった情報すらもクローズドにすることで有料会員増やしたいからですかね……?

プログラムと出展内容

こちらもFB上で見つけたものですが、今年のステージプログラムは次の内容のようです。

これまでは出店側だったためほぼほぼステージ演目を見たことがないのですが、狂言は日本の狂言師さんから直接教授されており、チェコ語と日本語を混じえたかなり本格的なものなので、一見の価値ありです!

そして場内マップと出店内容は以下のとおり。

出店については、企業の屋台では基本的に1品50czkで食べ物販売しています。
どのブースでもおつりは準備されていますが、なるべくおつりが出ないですむように小銭を準備しておく、また会計係が会計に慣れているとは限らないため、なるべくおつりの出ないようにまとめ買い・ぴったりの金額で支払うように協力してあげるととっても喜ばれます。(by 毎年会計担当だった人)

で、こんなにも告知がなされてないのに意外というかなんというか結構な人数が集まるため、開会前からすでに列ができてたりとかもザラです。
特に人が増えてくる13時以降はどこも長蛇の列ができるので、早めに行くか、もしくは事前に何かをおなかに入れておくなどしないと、食べ物が買えるまで予想外に時間がかかる場合もあるためご注意ください。
あと14時を過ぎると売り切れになったりや撤収モードに切り替わったりするところもあるので、確実に食べたいものがある場合は早目に到着しておくことをおすすめします。

秋祭りは人と出会うチャンスでもある。

この秋祭りですが、演目や屋台飯を楽しむ以外にも新たな出会いを見つける機会にもなります。

  • プラハ近郊に住んでいる日本人と知り合いになる
  • プラハ近郊で日本に興味のあるチェコ人と知り合いになる
  • プラハ近郊に拠点を置いている日系企業で働いている人たちと知り合いになる

海外に住む日本人にとって、現地のローカルと知り合いになる機会は実に貴重ですが、同じくらい日本文化に興味のあるローカルにとって、日本人と知り合いになる機会もとっても貴重です。
もしローカルの知り合いを作りたい、増やしたいのであれば、この秋祭りは実にいいイベントです。
もちろん参加している外国人がすべて日本に興味のある人かと言えば実はそうではなく、日本人上司がひーこら言いながら作る屋台飯を楽しみたいって理由でやってくるひやかし従業員も少なくありません(超実話)。
けれど同時に日本のサブカル好きな人はゴスロリやらコスプレやらで参加してたりするので、声をかけて友達になることもできるかもしれません。まあその人が英語ができるかどうかは賭けですが

あとですね、プラハ近郊で日本人の知り合いが欲しい、という方だけでなく、チェコの日系企業で働きたいと思っている人にとってもこのイベントはいい機会だと思っています。
出店しているのはそこそこ規模の大きい日系企業なので、会社名をメモっておけば、後日求人情報を調べることもできます。
また日本人同士の関係なんかも、働いている雰囲気やら声かけの様子やらでなんとなく感じ取れるんじゃないでしょうか?
本気で切羽詰まっている場合は、タイミングを見計らう必要はありますが、実際に声をかけて「仕事探してますが、空いてるポストありませんか?」と売り込むこともできるでしょう。
別の記事でも書いているように、日本人を探していてもオープンに求人情報を掲げてない企業は少なくありません
声をかけた企業が求人していなくても、他の会社の求人情報が入ってくるかもしれません。
そこまで直接的なことはできない・したくない場合でも、このイベントにやってきている日本人と知り合いになることで口コミ的に求人情報を入手できるかもしれません。
ただあんまりにも人脈形成を前に出してしまうと嫌がられる可能性も高いので、そのあたりはちゃんと空気を読んで臨機応変に対応しましょう。

コメント

  1. サヤ より:

    こんにちは、初めまして。
    今朝NHKでチェコの企業がフランス人に対する求人を出している(フランスで、フランス人に向けてチェコでの就活に関するセミナーを開いている)様子が特集されていました。
    フランス語を話せる日本人の需要について、何かご存知ではないでしょうか、、、?
    唐突な質問ですみません。。。
    今は東京で働いているのですが、大学まで勉強していたフランス語を生かせないかなと探しているところでして。。。

    • ヒサノアスカ より:

      はじめまして、こんにちは。
      チェコにおける外国語需要ですが、やはりドイツ語、ロシア語系が強いものの、他の欧州言語が皆無という事はありません。
      旅行業界隈やカスタマーサポート系ではいろいろな言語の使える人材を募集しているようです。
      また、会社名までは把握していないのですが、チェコに拠点を置く日・仏系の会社もあるようで、まさにこの記事で紹介している秋祭りに、日本人社長が毎年仏人部下?を連れて顔を出していたりもしました(一緒にいる人たちとの会話がフランス語だったのでそこからの推察です……)ので、可能性は皆無ではないと思います。
      あまり具体的な回答にならず申し訳ありません……