【旅行者&短期滞在者向け】プラハの交通機関と乗車券の基本情報

こんにちは。ヒサノアスカ(@AsukaHisano)です。

 

移動の足が完全に手配されているツアーやレンタカー等で常にクルマで移動を予定している人でもない限り、旅先や滞在先の公共交通機関の情報や乗車券についての情報はかなり重要です。
一般的な情報でも十分な場合もありますが、さらに突っ込んで調べることでよりお得なチケットやパスが見つかることも多々あります。
今回はプラハ市内の交通機関についてざっくりとした情報と、プラハの交通機関で旅行者や短期滞在者が活用できる乗車券情報を紹介します。

Adsense広告

プラハ市内の公共交通機関について

プラハ市には基本的に3つの交通機関が存在しています。

  • メトロ(地下鉄)
  • トラム(市内電車)
  • バス

他にチェコ国鉄もありますが、これは基本的に他の地域とを結ぶための長距離電車なので、プラハ市内を移動する際には使いません。
プラハの中心を通るルートで移動する場合、基本はバスやトラムでメトロ駅まで行って、メトロでプラハ市を横切り、降りた駅からまたトラムやバスで目的地に行く、という感じです。
逆を言えば、プラハの端から端に行きたい場合にバスやトラムだけを使おうとすると、あちこち遠回りしたり寄り道したりするため、メトロの乗り換えを含まない場合と比べてはるかに時間がかかります。
この3つの交通機関は乗車券がすべて共通のため、有効期間内であれば1枚のチケットで乗り降り自由です。

有効期間はメトロ駅の入り口やバス・トラムの車内にある黄色い刻印機で使用開始日時を刻印した時点から有効期限以内で、有効期限以内にバスやトラムであれば下車メトロであれば駅から出る必要がありますので有効期限にはご注意を!

一般的な乗車券(30分・90分・24時間・72時間)

出典:http://www.dpp.cz/en/fares-in-prague/

それではプラハ市内の交通機関で使われている乗車券について説明します。
まず、一般的な乗車券の料金表が上の画像です。
どのチケットを選ぶかは、どれだけ交通機関に乗りたいかで決めるといいでしょう。
滞在地から目的地への単純な往復であれば、行き先までの距離・時間をベースに30分・90分チケットを購入すればいいですし、1日中(厳密には24時間)、回数や有効期限を気にせずにトラムやメトロに乗りたい場合は24時間チケットを買えばいいでしょう。

ちなみにチケットは片道とか路線とか関係なしの時間制なので、ちょっとした用事とかなら90分チケット1枚で往復をカバーできたりもします。
参考までに、プラハ市内の移動時間は、メトロだと各線の端から中心地までがだいたい30分です。

駅と駅の距離は、端のほうが広くて中心地はけっこう狭い(徒歩10-20分圏内)なので、中心地まで出たらあとは地上に出て歩き回るのもいいですね。
バスやトラムは路線や交通状況で変わるので、時間には多少の余裕を見ておくことをおすすめします。

チケットはメトロ駅、トラムの停留所などにある券売機や窓口・売店などで購入できます。
空港や電車駅などの主要な乗り場であればクレジットカードが使える券売機もあるのですが、基本的には旧式の現金、それも小銭のみ取扱いの券売機なのでご注意を。
あ、お釣りはちゃんと出るのでその点はご心配なく!
券売機の使い方や乗車券の有効化についてはまた別の記事で紹介しますね。

ちなみに無賃乗車はやろうと思えばできなくはないですが、プラハはそこそこの頻度で抜き打ちの検札が行われてます。特に観光客の多い中心地は出現率が高いです。
バスやトラムの場合は検札員(警察官?)が乗り込んできてすべての乗客にチケットを確認します。
メトロの場合は乗り込み検察以外にプラットフォームから地上に出る階段やエスカレーター前、もしくは駅の出口直前に警察官が出待ちします。
無賃乗車のペナルティ(罰金)はそこそこ重いので、横着したりケチったりせず正直に乗車券を買って正当に楽しく旅をしましょうね。

1週間以上~3ヶ月までの短期滞在者には使い切りタイプの定期券も!

出典:http://www.dpp.cz/en/fares-in-prague/

1週間以上プラハに滞在するのであれば、使い切りタイプの定期券の購入もオススメです。
1ヶ月で670CZKなので、1日1回片道30分(24CZK券の範囲)の往復しかしないとしても、14日で元を取れます。片道90分(32CZK券)以内であれば10日です。
回数で計算すれば、30分以内の移動を28回、ないしは90分以内の移動を7日以上の期間で20回以上すれば、やっぱり元がとれます。

1週間以上の滞在で、毎日のようにプラハ市内を移動して回るのであれば、これ1枚あればこまこまと乗車券を買ったり有効化したりしなくてよくなるので、市内移動の自由度が大幅にUPします。
ちなみにこの定期券は無記名=誰でも使えるので、他の人に移譲したり家族や友人同士で貸し借りができるので、うまく使えばプラハ市内の移動がかーなりお得になります。

ただしセールスポイントが若干限られていまして、主要なメトロ駅のチケット販売窓口や空港や中央駅、プラハの中心地にあるインフォメーションセンターのみでの取扱いです。
どこでも買えるわけじゃないので、その点だけ気をつけてください。

長期滞在者はLítačkaを持とう!

もしプラハに数ヶ月以上滞在するのであれば、Lítačka(リータチュカ)というカードを入手することで、よりお得に自由にプラハ市内を移動できるようになります。
詳細についてはまたいずれ別の記事を書く予定ですが、Lítačkaについてざっくり説明するとICOCAみたいなリチャージ可能な定期カードです。

以前はOpen Cardというものがあって、ヒサノもプラハに住んでいた頃はそれを使っていたのですが、2016年の3月からLítačkaに切り替わってしまいました……イチから発行しなきゃ……
Lítačkaには無記名カードと記名カードがあって、どちらも発行時に50~200CZKの手数料がかかるのですが、長期滞在するのであれば、3ヶ月以上の定期チャージ料金が使い切り定期に比べて大幅にお安いです。
3ヶ月だと差額は400CZK(発行手数料差し引きで実質200CZK~350CZK)ですが、1年(365日)であれば4割引。日本円にして約12000円ほどお安くなります。
なので通勤や通学で毎日のように交通機関を使うのであれば、Lítačkaを使わないのはあまりにももったいないです。

自分の旅程や目的にあわせて乗車券を選ぼう!

いろいろ説明してきましたが、最終的にどの乗車券が一番いいのかは、それぞれの目的や旅程によります。
プラハ滞在の目的地近くに宿を取ればそもそも交通機関をほぼ使わなくても日々を過ごすこともできるので、必ずしも滞在日数にあわせて24時間チケットや72時間チケットを買わなければならないというわけではありません。
無駄遣いをしないのは当然ですが、予算をケチろうとしてしんどいのに歩かなければならなくなった挙げ句体調を崩してしまう、というのもバカバカしいことです。
自分にとって何が一番重要なのかをよく考えて、一番いいチケットの買い方を探してみてくださいね!

コメント